ファシリティ

免震構造

ビル免震構造とし、鉛プラグ入り積層ゴム・天然ゴム系積層ゴム・弾性すべり支承の3つの免震装置を組み合わせることにより、大地震発生後にも継続利用できる構造です。

最大加速度821Galの兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)や、最大震度7を記録した最大加速度2,700Galの東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)クラスの地震が直下で起きたと想定しても、サーバ室の水平対応加速度を250Gal以下に低減し、お客様の機器の破損、停止を防ぎます。

鉛プラグ入り積層ゴム

天然ゴム系積層ゴム

弾性すべり支承

外気冷房・アイルキャップ

空調は外気を最大限に利用する空調システムを採用しています。免震ピットにより一度自然冷却した外気を利用してサーバルームを冷却する仕組みや、チラーの散水システムにより、エネルギー効率を高めると共に、環境へも配慮しています。

また、空調機器は冗長化されており、停電対策も実施しているため、常に安定した温湿度環境をご提供します。

床下からの冷気をラック全面から取り込むコールドアイル(左)と、ラック背面から排熱を集め、天井へ排気するホットアイル(右)(イメージ図)

消火設備

窒素ガス消火設備を完備しています。

消火剤の放出音を低減することができる「消音型ガス放出ノズル」を設置しています。

通常の噴出ノズルの場合、窒素ガスの噴射音がハードディスク等の機密機器に影響を及ぼす可能性があります。「消音型ガス放出ノズル」を利用することで、窒素ガスの放出音を低減することができ、ハードディスク等の故障を防ぐ効果があります。

電気設備

中国電力より本線予備線受電方式で2系統受電しております。

受電設備、各種盤設備、UPS等は全て冗長化されており、機器の更新や万一の故障時にも、お客様機器への電力供給が停止しないよう2系統での電力供給の仕組みとしています。

また、最新の設備監視システム、ビルエネルギー管理システムにより、24時間365日監視、管理を行っています。

自家発電装置

冗長化された自家発電設備により、72時間以上の無給油での連続稼働を実現しています。

免震上に設置された自家発電設備により、2系統での受電が停止した場合でも、UPS設備と合わせ無停電でお客様の機器への給電を継続します。 また、弊社グループ内の企業と燃料の災害時優先供給契約を締結しており、万一貯蔵タンクの燃料が不足した場合でも燃料を確保し、可能な限り電力の供給を継続します。

拡張性

土地・建物をはじめ、発電・空調設備等全てが自社所有のため、メンテナンスから拡張まで迅速な対応が可能です。

新たなサーバ棟を建設する用地を構内に確保しており、需要に応じて最大1,200~1,600台程度のラックをお預かりすることが可能です。


Ryobi-IDCに関するお問い合わせ