地図情報システム

電子化された空間データを利用して、庁内横断的に共用できるシステムであるため、データ修正の重複投資を防止し、業務の合理化による経費の抑制へ繋がり事務の効率化と地域へのサ ービス提供を実現できるシステムです。

地図情報システム 時空間GIS「マルコポーロ」のパンフレット
ファイル形式:PDF/容量:1,607KB

固定資産評価システム

固定資産評価システム

固定資産評価システムは、毎月の登記済通知書や現地調査結果をもとに翌年度課税異動を地図システムで行います。評価要因の計測や評価額・課税標準額を地図システムより算出することで、作業効率の向上と課税ミスを抑制できます。もちろん、評価額・課税標準額等を既存基幹システムへ連携できます。

地図管理システム

地図管理システム

地図管理システムは、公図、地籍図、地番図に対して登記異動を行い、各種図面、各種帳票を作成することができます。登記済通知書及び表示異動時に備え付けられてくる地籍測量図を活用して精度の高いデータを保持するとともに、固定資産評価システムの基図システムとなります。

地籍調査支援システム

地籍調査支援システム

地籍調査支援システムは、地籍簿、閲覧表、地籍調査票といった地籍調査事業で必要な帳票及び素図・調査図・成果図を作成・管理するシステムです。測量データの取込みやデータチェック機能を装備しており、事務の効率化を図ることができます。

現地確認システム

現地確認システム

現地確認システム固定資産税業務における現地確認をスムーズに行えるシステムです。システムはペンコンピュータにセットされるので現地でのシステム操作も容易に行えます。