保健・医療・福祉ソリューション:健診受診率向上

健診受診率向上ソリューション 市区町村様向け

過去の受診履歴や特定健診データ等を活用し、対象者の健康意識や行動パターンを予測し、個別対象者に対して最も効果的な勧奨方法をご提案します。

例えば、健診受診率を1%上げるためには、①前年未受診だが過去2回以上受診②メタボ予備軍③喫煙習慣あり、の3条件を満たす5千名に対してメッセージAを送付する、など具体的なご提案とその実現のためのサポートをご提供させていただきます。

ソリューションイメージ

健康カルテユーザ様からデータ移出、効果分析を行い、特定検診の受診を推奨します。

ソリューションのポイント

分析

保有する健診データを分析し、受診勧奨計画を策定。年度ごとに効果を分析し報告書を作成。
この効果分析結果をもとに、次年度以降の計画の見直しを行います。

五カ年計画を策定、年度ごとにターゲット選定、効果分析

適切な勧奨

問診結果などから行動変容を分析することで、健診対象者をセグメント(グループ)に分け、セグメントごとに適切な勧奨メッセージを作成・送付します。

例えば、グループAにはリスクを知らせるメッセージ。グループBには危機感をあおるメッセージを送ります。

市区町村の『特定健診』のご担当者様向け
健診受診率向上ソリューションリーフレット
のダウンロードはこちら
(ファイル形式:PDF/容量1.2MB)