両備の両輪
両備システムズグループのビジネスモデルの秘密

両備の両輪

両備の両輪クリックして拡大

1

両備システムズグループの基本的なビジネスモデルは、「安定」と「挑戦」を両立させた「両輪」体制となっています。

2

専業特化」の戦略にもとづき、グループ各社が「オンリーワン」なパッケージをラインナップしています。そのパッケージは、低リスク・短納期・高収益の安定基盤となります。また、その導入や改良を通じて、人財の開発・営業スキルが養われ、さらに、ベストプラクティスが培われていきます。

※行政・医療・福祉など、特定の業種に特化し、専門的な業務知識とノウハウをもとに
お客様ニーズに最も適した情報サービスをご提案すること

3

パッケージで養われた人財、培われたベストプラクティスにより、たとえチャレンジングな新分野であっても、スムーズにスクラッチ開発(※)を進めることができます。

※既存のパッケージ製品などを使うのではなく、すべての要素を個別にゼロから開発することをスクラッチ開発という。

4

スクラッチで生み出されたシステムを汎用化させ、新たなパッケージとしてまとめます。こうして、「両備の両輪」は「安定」と「挑戦」の循環を回し続けるのです。