採用メッセージ

高取 一成

1993年入社

高取 一成

採用株式会社両備システムズ
人財戦略部 部長
採用担当

求める「人物像」と求める「企業像

就職活動で皆さんが目にする、企業の「求める人物像」とは、本来は一言で語れるようなものではないと思うのです。仕事はチームで行われる以上、「適材適所」でそれぞれの「役割」を担う、さまざまな「タレント」が必要だからです。

たとえば、「野球でホームランバッターばかり集めたチームが勝てるか」と言えば、「必ずしもそうではない」というのは想像に難くないでしょう。そういう意味でも、「求める人物像」は、「必要条件」でも「十分条件」でもなく、企業の「想い」の一面を表したものととらえたほうが良いかもしれません。ですから就職活動では、決して「求める人物像」に臆することなく、自分をぶつけていって良いのです。

というのも、「求める人物像」にばかりに気を取られるよりも、むしろ、あなたにとっての「求める企業像」を思い浮かべ、それに志望企業が当てはまっているかどうかを確認することこそが大事だと考えるからです。

業界・業種までは絞ったり、職種で選んだりしたうえで、企業ごとの志望動機を考えているとは思いますが、改めて問います。あなたの「求める企業像」はなんでしょうか。

」方「」えたシステム会社

もしも「あなたの求める企業像」が、「ワンオブゼムではなく、個を大事にしてくれる」「チームを組みたいと思える仲間がいっぱいいる」「若いうちからチャンスを与えてくれる」といった想いであるなら、私たち両備システムズグループこそ、うってつけだと断言できます。

なぜそんな自信を持って言い切れるかと言うと、両備システムズグループが、IT業界でも独自のポジションを確立しているためです。

専業特化(※)」だから、
個性」も「大仕事」も、えたシステム会社

高取 一成

まず、企業規模の話。大企業は、培ってきたブランドによる信頼性に強みがありますが、人数が多いため、一人ひとりが個性を発揮するのが構造上難しいのです。一方、零細企業は、意志決定の早さやフットワークの軽さに強みがありますが、大きな仕事に取り組むことが体制上難しくなってしまいます。

その点、両備システムズグループは、「専業特化(※)」の考え方に基づき、会社を分割しながら成長を続ける経営戦略によって、最適な企業規模を保っています。

※行政・医療・福祉など、特定の業種に特化し、専門的な業務知識とノウハウをもとにお客様ニーズに最も適した情報サービスをご提案すること

プライムベンダー」だから、
文系」も「理系」も、えたシステム会社

高取 一成

つづいて、ポジショニングの話。多重下請け構造があたりまえのIT業界において、両備システムズグループは、お客様からの直請け、かつ、上流から下流まで、さらには自前データセンターにおける運用まで、ワンストップに提供できる数少ない存在なのです。

そんな両備システムズグループのものづくりは、「情報システム」構築という枠にはとどまらない、オリジナルブランドでの「サービス」構築であり、しかも、巨額な投資をして工場や製造ラインを作ったり、大量の材料を仕入れたりするわけではありませんから、文字通り「人がすべて」なんですね。さらに、「企画だけ」でも、「管理だけ」でも、「開発だけ」でも、「運用だけ」でもなく、すべてを担っているからこそ、文系理系問わず、多種多様な人財が、それぞれの感性・スキルを活かして活躍できるわけです。

挑戦をリレーする文化」だから、
成長」も「チャンス」も、えたシステム会社

高取 一成

そして、チャンスの話。両備システムズグループは、基本誰かが手を挙げて「やりたい」と言ったことに「No」とは言いません。経営陣との距離も近いため、ぽろっと話したことを覚えていてくれて、新規事業や企画に声をかけてくれるなんてことは日常茶飯事です。

また、両備システムズグループの事業は、それぞれ降って湧いてきたものではなく、すべて社員が何かしらチャンスを見つけ、実らせ、開拓してきたものばかりです。だからこそ先輩は後輩に「完成済みの仕事を与え、引き継がせる」ことよりも、自分たちがかつてそうしてきたように「新しいチャンスを与え、新規開拓させる」ことを優先する文化が根付いているのです。

このように「自分の成長」が「会社の成長」とリンクするのが実感できる、「」方「」えたシステム会社なんです。可能性の開花には、適した土壌が欠かせません。両備システムズグループがあなたにとってそんな環境であれば嬉しく思います。あなたの挑戦をお待ちしています。